close >>

過去の記事はこちらから

平均寿命と健康寿命と鍼灸マッサージ No.52

みんなさん元気な老後を目指していますか?

テレビをつけると健康番組、、

新聞を読むと健康コラム

健康について関心が高まっています!

健康に対するスローガンも 「平均寿命の延伸」から「健康寿命の延伸」そして「就労寿命の延伸」なんて言葉も出てきています。

就労寿命についてはまたご紹介するとして

 

本日は 健康寿命と鍼灸マッサージについてです。

 

東洋医学である鍼灸マッサージは予防医学的要素も強く健康寿命対策と相性がいいと感じています。

「未病治」なんて言葉も有名です

 

さて健康寿命を害するものに

「大腿骨の骨折」「下肢の変形性関節症」など下半身問題が挙げられます。

足が悪くなると歩かなくなる→社会に出る機会が減る→生活の幅が狭くなる、、、

この悪循環が健康を害してしまいます。

 

鍼灸マッサージ施術を定期的に受けることで悪い流れを止めることができます。

もちろん徐々に老化することは止められませんが、、、、

顕著な筋力低下、柔軟性の低下、身体バランスなどをしっかりチェックし施術することで変化を見ていくことができ

大きな怪我や病気になる前に対策することができます

少しの工夫や運動の努力を一緒に行えるのが 鍼灸マッサージ施術です。

 

鍼をしても筋肉は強くならないので運動をしてもらわないといけないところは患者さんにとって問題となるところかとは思いますが、、、無理のないやり方などの相談もしていけます。

 

定期的な施術というところにポイントがあります。

人と比べてどうかではなく、お一人お一人の特徴に合わせた対応をすることが大切です。

年に数回体の確認をさせて貰えると回を重ねる毎に色々なご相談ができるようになることが多く

患者様と施術者両方の経験値を増やしていくことがオリジナルの「良い鍼」「良いマッサージ」 になっていくことはこの数年実感しています。

 

平均寿命と健康寿命の間には男性で約9年 女性で12年の差があります。

歩くのが大変と感じている方 歩くことで痛みを感じている方は 我慢をせず病院へ通院。

その後の治療の一つに鍼灸マッサージ治療という選択をしてみてはいかがでしょうか?